English

RRS(Rapid Response System)

施設紹介

兵庫医科大学病院

Last Updated: 2018.1
兵庫医科大学病院
病床数
963
医師数
863
チーム形態
RRT
現場へ行くメンバー
医師、看護師 2~3名
運用時間
平日 8:30-17:00
コール方法
週1回のラウンドおよび専用PHS

起動基準

呼吸 新たな自発呼吸数の低下 8回/分以下、または上昇 28回/分以上 新たな酸素飽和度の低下 O25ℓ投与下SpO290%未満
循環 新たな収縮期血圧の変化 90mmHg未満 新たな心拍数の変化 40回/分以下 または130回/分以上
尿路 新たな尿量の低下 50ml/4H以下
神経 新たな意識レベルの変化 GCS・JCSの明らかな低下 麻痺の出現 痙攣の出現
全般 患者に何か気がかりな事がある 例:チアノーゼ、ADLの低下、予想範囲外の吐・下血など
対応の最初の5分で心がけていること
気道緊急の有無、蘇生コードの確認
実績
現在全病床の回診を行い随時10ー15名をフォローしている
メッセージ
まだまだ十分ではないですが、救命センターとICUで協力して患者の安全に努めています 職員への啓蒙として、医療安全管理部と共に医療講演会開催や研修医へのマニュアルの周知、看護師への気づき教育の強化を行いRRS拡大に向け積極的に取り組んでいる。
施設一覧に戻る
日本院内救急検討委員会