English

RRS(Rapid Response System)

施設紹介

聖マリアンナ医科大学

Last Updated: 2018.1
聖マリアンナ医科大学
病床数
1208
医師数
597
チーム形態
MET
現場へ行くメンバー
医師、看護師 3~5名
運用時間
24時間
コール方法
PHS

起動基準

全般 患者に対する何らかの懸念
呼吸 新たな自発呼吸回数の変化 呼吸数8回/分 以下 または28回/分以上
新たなSpO2の変化 SpO2 90%未満
循環 新たな収縮期血圧の変化 収縮期血圧90mmHg未満
新たな心拍数の変化 心拍数40bpmまたは130bpm以上
尿路 新たな尿量低下50ml/4h以下
神経 新たな意識レベルの変化
対応の最初の5分で心がけていること

心停止症例に対するCPRの徹底

実績

年間160件

メッセージ

救急科と救命病棟ナースが一丸となって院内の病状変化・急変に対応しています。起動数も年々増加しており、関係部署と協力しながら医療安全文化向上のために活動を続けています。

施設一覧に戻る
日本院内救急検討委員会